文字の大きさ

過去記事検索:2011年4月号(vol.67)の記事一覧

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

睡眠のリテラシー7

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 起きている時に、脳はたくさんの情報を取り入れ、処理し、適切な行動につなげています。もちろん、こうした複雑な動きは、目覚めていても意識されないままに行われています。

研修医が見た米国医療12

充実した在宅医療 本当に最適かは別

反田篤志 そりた・あつし●医師。07年、東京大学医学部卒業。沖縄県立中部病院での初期研修を終え、09年7月から米国ニューヨークの病院で内科研修。

67-1-1.JPGがんは今日、とても身近な病気です。そんな相手に闘いを挑み、あるいは付き合っていくためには、何より相手を知ることが必要。これから1年間の、がんと正しく向き合うための特集、まずは「きほんのき」から入ります。
監修/中川健 癌研有明病院院長

so1-1.JPG医療と介護と福祉
落ちて分かる隙間

 関西版『それゆけ!メディカル』創刊を記念して、今回は関西版用の記事を全国各版共通に掲載します。関西版編集長(論説委員)で社会福祉士でもある熊田梨恵が、兵庫県尼崎市のとある在宅医療の現場を、大阪府選出の参院議員で医師でもある梅村聡氏と一緒に歩きました。ほんの僅かな時間でしたが、医療や介護は既に経済の問題になっていること、制度の欠陥を現場の良心が必死に埋めていることに気づかされました。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ