文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

コラム 免疫って何だっけ?

 バランスのとれた腸内フローラが腸管の免疫細胞を適切に活性化し、健康が保たれるーーとしても、そもそも免疫って何だったでしょうか?

 免疫の基本は、「自己」と「非自己」を見分け、非自己を排除すること。自己とは、本文で言う、ちくわの身の部分です。実際には、同一の受精卵から分かれ、皮膚と粘膜に囲まれた多数の細胞群、ということになります。

 自己はこれらの膜の内側を一定状態に保とうとし、非自己を排除する免疫システムを発達させました。

 ただ、生命活動には栄養や酸素、水分などの出し入れも必要。そのため腸粘膜は栄養や水分を取り込みやすくなっています。ただその分、異物や外敵も侵入しやすいのです。そこで、非自己の排除を担っている白血球などの免疫細胞を、重点的に配してあるのです。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ