文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

あなたの悩みにお答えします⑫

セルフマネジメントのポイント 武田飛呂城
 
 厚意で勧めてくれたお菓子は、なかなか断りにくいですね。でも、逆の立場から考えてみませんか。つまり、自分がお菓子を出す方で、相手が食べる方だと考えるのです。

 相手の人に病気があって、実はそのお菓子を食べると体調を崩す可能性があるとして、あなたは黙って食べてほしいと思いますか? 多くの人は、無理に食べて調子を崩されるよりも、初めから食べられないと言ってほしいと思うのではないでしょうか。

 体調のせいでできないことを伝えるのは、失礼なことではありません。佐藤さんのように、感謝の気持ちを表しながら、率直にできないことを伝えていくことで、多くの人には分かってもらえるでしょう。

 でも、これまで何となく断りにくくて、いただいた物を食べていた場合、今から急に食べられないというのも言いにくいなあと思う人もいるかもしれません。

 その場合も、率直に「折角の厚意だから断りにくくて食べてしまっていたんだけど、実は体調的にはあまり食べない方が良いみたいなんです」と伝えていけば良いでしょう。そして、相手の人との良い関係を崩したくなかったということを伝えていけば、相手も分かってくれるはずですし、より関係が深まることもあります。また、うまく言えない時には「ちょっと主治医から注意されてしまって」と、今までは良かったけど、今後は難しいということを伝える方法もあります。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ