ピンクリボンを巡るお題2つ

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年06月09日 18:09

ロハス・メディカルの次号に
県立柏原病院小児科を守る会の丹生裕子代表が登場します。
この会の活動は実に清々しく姿勢を見習いたいなあと思うところが大きいです。
時々ブログを覗いたりしているわけですが
そこでメスキュード医療安全基金というものがあると知りました。


医療廃棄物の処理で利潤をあげた分
医療分野で草の根に貢献した方々へ若干の支援をするものらしいです。
「守る会」に着眼するとは目が高い。


が、ふーんと歴代のリストを眺めていて、気になるものを発見してしまったのです。
ピンクリボンフェスティバル運営委員会事務局?
って、要するに朝日新聞だよね。
しかも丹波新聞によれば、今年も受賞したらしいです。
患者さんたちに後ろ足で砂をひっかけるようにブログを閉鎖しておいて
そんなことだけはチャッカリ。。。


何とも言えないムカムカした憤りを抱えていましたら
本日、こんな署名活動が始まったというお知らせをいただきました。
署名程度では何も変わらないとは思いつつも
しかし、ピンクリボン関係者に「世間は忘れてないぞ」と示す意味でも
賛意を表するとともに、皆様にお知らせいたします。


<<前の記事:全国医師連盟    『かつとよ』で祝!?:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/1400

簡単応募でプレゼントが当たる!新しい商品が追加されましたので是非遊びにきてください。 続きを読む

コメント

川口さま
『グラマラス』の乳がん撲滅チャリティ・ヌードに抗議する会のてらだです。
記事にてご紹介いただき、ありがとうございました。
ブログも少しずつ書いていますので、ぜひご覧ください。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。