告白

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2009年04月04日 14:32

グーグルのトップページを開いたら、『急上昇ワード』(それが原因でグーグル日本版のページランクがグーグル米本社から格下げされたという曰くつきのもの)に「バセード病」なるものがランクインしていた。


たぶん、バセドウ病、バセドー病の間違いだと思うのけど
はてさて???と思いながらクリックして見て合点が行った。


昨日結婚が分かってニュースになった歌手の絢香さんが、バセドー病であることと闘病のために活動休止することとを公表したのだそうだ。そういう経路で流れた話だったから、ふだん病気のことなんか考えたこともない層が、「何それ?」と病名を間違えて検索しちゃったんだろう。


思い出したのが、ロハス誌次号の「患者を支える」に登場してくださる「全国パーキンソン病友の会」の方が言っていたこと。「アメリカだと有名人が罹患したことを告白したりして、病気に対する社会の認知が高いんですよ。でも日本では余り知られてないから、患者も病気を隠すんですよね」だそうだ。


絢香さんの告白で、恐らくバセドー病の認知度は飛躍的に高まり、また病気へのネガティブイメージも随分と拭われたに違いない。著名人の場合は、病気になった時、それは確かに嬉しくないことだろうけれど、しかしそれを公表することで社会にインパクトを与え同病の人を励ますことができるんだなあ、と改めて感じた。


で、こういう高尚なことを書いた後に申し訳ないのだが、自分も実は告白しなければならないことがある。先月末に酔っ払って飲み屋の階段から落ち、左足首の骨を折った。現在、ギプスと松葉杖のお世話になっている。。。本格的な戦線復帰まで、今しばらくお待ちを。

<<前の記事:“適応外使用”はいけないこと?    「医療志民の会」は明治維新を実現できるか。:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/1898

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。