医師の労働環境を改善し、医療崩壊を打開したい-植山直人全国医師ユニオン代表インタビュー コメント欄

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2009年08月12日 18:37

インタビュー 植山直人氏(全国医師ユニオン代表)
 
 「医療崩壊の中心は、勤務医の過重労働など医師に関する問題。地域住民の理解を得て、ともに医療を正常化していきたい」-。国内に初めて誕生した、医師が個人加入する労働組合「全国医師ユニオン」が設立して約3か月が経った。まだ手探りの活動が続く中、医師の労働組合という存在が患者の利益につながっていく可能性を植山直人代表に聞いた。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事:患者さんの活動・その2(自ら立つ~セルフマネジメント)    海の魚の血圧が低い理由は? 解説:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2280

インタビュー 植山直人全国医師ユニオン代表(老人保健施設みぬま施設長)    ... 続きを読む

{{{: 医師の労働環境を改善し、医療崩壊を打開したい−植山直人全国医師ユニオン代表インタビュー ロハスメディカル 熊田梨恵  2009年8月12日 ... 続きを読む

コメント

労働環境の改善っていうのは必須ですよね。

看護師も全く同じ状況です。人手不足ですよね。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。