あれから10年

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年08月20日 23:49

福島県立大野病院事件で、一審福島地裁が無罪判決を出してから10年だそうです。スッカリ忘れていて、先ほどSNSを眺めていて気づきました。


思い返せば、かつて、このブログが盛り上がったのは、この裁判傍聴からでした。随分昔のような、ついこの間のような。

<<前の記事:医療イノベーションに挑む    産後うつの原因はホルモンバランスの乱れ、は間違い!:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3309

コメント

川口様

はじめて投稿します。私は今年の2月に加藤先生に子宮癌検診を受けました。非常に感じがよく説明も丁寧で好感が持てました。検診の結果小さな筋腫はありましたが、それほど心配することはないとの診断でホッとしました。
産婦人科医のランキングに先生入ってるかなぁと、軽い気持ちで先生を検索してしまったのです。本当に驚きました。大野病院事件は当時はさほど関心もなく薄ぼんやりとしか覚えていません。はじめは同姓同名かなとも思いましたが、顔写真が載っているものもあったのでご本人だとわかりました。いろいろな記事やブログなど検索にひっかかるものはほとんど読みました。担当弁護士の方がこの事件の事を書いた本もよみました。
誠実にお仕事をされていたのに、こんな事件に巻き込まれ世間に晒されて、ご家族もおられるだろうにお気の毒で涙が出てきました。でもこういう経験があるからこそ診察が非常に丁寧で説明もじっくり時間をかけられるのだなぁと思いました。
こんな過酷な過去を経験してそれでもなお福島県でおなじ産婦人科の臨床医として働いていらっしゃるなんて‥‥すごい方だなぁと、尊敬に値する方だなぁと心底思いました。

でもご本人にしたら思い出したくもないこの事件がネットで検索するとすぐでてきてしまうんですね。(私自身もそうですが)私のように考える人ばかりでなく中にはネガティブに考えてしまう人もいるかなぁと思うとやるせない気持ちです。
このロハスのブログをしっかり読んでいただければわかってもらえるかなぁと思います。
もし私が出産するなら加藤先生にとりあげていただきたいです。(年齢的に無理ですが 笑)
ロハスのブログは私のような者にとっては(偶発的に知ってしまった)事件の真相を知るのに本当に助かりました。
加藤先生はおやさしくて、誠実で、丁寧で素晴らしいお医者様です。
これからも福島の産婦人科医療に貢献していってほしいです。

自分のコメントを誤って削除してしまったので再掲です。

yuko様

コメントありがとうございました。
このブログが、そのように役に立っていたこと嬉しく思います。
また加藤先生が元気でご活躍のこと、お知らせいただき感謝いたします。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。