文字の大きさ

いのちの授業〜がんを通して:2016年10月15日の記事一覧

本日は、先週の練馬区立貫井中学校に続いて荒川区立第五中学校での「いのちの授業~がんを通して」を実施しました。

体育館が京成電鉄の高架線路脇に建っている関係上、3分に1回程度「ガー、ガタンゴトン」という音が聞こえてきます。

先週課題として残った音声については、大塚製薬株式会社にもご協力いただき、小型スピーカーをご持参いただいたのですが、直前の会場テストでは、学校側にご用意いただいたスピーカーが最適であることが分かり、そちらの音声をマイクを通さず聴いてもらうことで進めました。

全体的には、3年生の男子生徒が活発でよく反応してくれたため、スムーズに進めることができました。

ただ、映像が途中で数秒間止まったりというハプニングもありましたので、次回11月の授業に向けて再調整したいと思います。

何と、授業後に給食をいただきました。

私が中学生の時には給食ではなく弁当持参でしたので、小学校時代の記憶しか残っていませんが、給食も随分と進化してきているようで、大変おいしくいただきました。

次回今年度最後の授業は、11月12日(土)小金井市立南中学校で実施します。

準備を整えたいと思います。

loading ...
月別インデックス
サイト内検索