最新記事

医療分野の研究開発に関する新たな取り組み

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2015年07月21日 17:29

表題のような国際シンポジウムのご案内をいただきました。

続きを読む>>

なぜ、こんな儲からない書籍を精魂込めて出版したのか

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2015年02月24日 14:04

 情報には、受け手にお金を払ってもらいやすいものと、そうでないものがあります。

 以下二つの文章は、どちらも地球の有様を正しく表現しています。
① 地球には、海抜8000メートルを超える山と水深10000メートルを超える海溝があります。
② 地球は、半径約6400キロメートルのほぼ球形です。
 どちらにもウソはありませんが、内容は随分と違います。そして、現在の商業的マスメディアを通じて与えられる情報は、①のように平均から逸脱したものばかりです。受け取る側が②のように平均的な姿を知らない場合、局所的には正しいのだけれど全体としては大間違いという誤解をしてしまう可能性があり、実際に多くの誤解が生じていると考えます。

続きを読む>>

患者の語りを社会に活かす

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2015年01月09日 12:38

表題のようなシンポジウムのご案内をいただきました。
NPO法人「患者スピーカーバンク」の主催で、2月1日午後に東京・文京区で開催されるそうです。

こういうものは「百聞は一見に如かず」(文章だと伝わりづらい)だろうなと思いますので、都合がついたら行きます。ご関心のある方はぜひ。

チラシは、こちら

全国登録で遺伝性乳がん卵巣がんの実態把握へ

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2014年12月25日 07:57

平成26年12月20日(日)、がん研究会で「遺伝性乳がん卵巣がん-遺伝子情報をがんの診療に活用する-」と題したセミナーが開かれました。日本では毎年数千人が遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)を発症すると推計されますが、国内データ不足と診療体制の未整備とが悪循環に陥っています。実態把握と診療体制の整備をめざした研究が、今年度から始まっています。

続きを読む>>

がん患者さんのための公開講座のご案内

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2014年11月28日 09:47

以下ご案内をいただきました。

『患者が知りたい最先端医療 患者が求める物語と対話の医療』

というシンポジウムが、12月23日(火・祝)の13時から、東京大学医学部附属病院中央診療棟Ⅱ・7階大会議室(〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1)で開かれるそうです。
式時代を次頁に転記しておきますが、より詳しい情報は、http://www.cancercheck.jp/ をご覧ください。

続きを読む>>

スマホゲーム『伝染病株式会社』に誤り

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2013年10月28日 11:22

『ヘモフィリア友の会全国ネットワーク』の佐野竜介理事長から、スマホゲームアプリ『伝染病株式会社』に重大な誤りがあることのお知らせをいただきました。
http://hemophilia-japan.org/news/2013-10-25.html
上サイトの声明を以下に転記します。
また、『友の会』って何をしている所? という疑問をお持ちの方のために、ロハス・メディカル11月号に掲載した記事を、少し早いのですが公開します。

続きを読む>>

カロリーゼロにだまされるな

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2013年09月10日 17:24

『食べ物と添加物と健康』を好評連載中の大西睦子医師がダイヤモンド社から本を出します!

ハート・リング運動がライブイベントに協賛

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2013年09月05日 16:55

ハート・リング運動については10月号にも載ってますので、ご期待を!!

お知らせ『医療系学生の挑戦』

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2013年07月08日 14:44

下記お知らせいただいたので、ご案内します。
「様々な活動をしている医療系学生に活動を執筆していただいた電子書籍(無料)」だそうです。
主に医療系学生を読者として想定しているようですが、興味ある方は、ご覧ください。

続きを読む>>

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その5

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月08日 17:48

5月30日に国立がん研究センターが開いた「患者・家族との意見交換会」についてのご報告、最終回。長くなりますが、最後までアップしてみます。「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議」への意見が中心ですが、実際、次回(今月11日)の会議でこの議論がどれくらい活かされるのでしょうか・・・。

続きを読む>>

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その4

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月07日 18:59

厚労省「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議 報告書(素案)」について、国立がん研究センターが5月30日に開催した「患者・家族との意見交換会」のご報告の続きです。


今回取り上げる議論では、報告書素案にどんなことを盛り込んでいくべきか、改善案が患者・家族側から出されます。今回もできるだけ内容を漏らさずアップしてみたいと思います。

続きを読む>>

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その3

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月05日 12:10

引き続き、厚労省「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議 報告書(素案)」について、国立がん研究センターが開催した「患者・家族との意見交換会」(5月30日)のご報告。

報告書素案に対する率直な感想や見解が、患者・家族側メンバーそれぞれの立場から語られます。


総じて“有識者”の方々が示した内容より、患者側(ひいては一般の人)の要求のほうがずっと現実的で具体的でした。両者の溝は性質上、埋まらない部分もあるのかもしれませんが、だからといって歩み寄らなければ、結局はお互いにとって不利益が生じますよね。こういう意見、本来は国立がん研究センター主催の会合でなく、さらに公共性の高い場で示されるべきなんだろうなあと感じつつ、耳を傾けていました。

続きを読む>>

 
 

コメント