「がん研が作った がんが分かる本」第2版(2015年版)表紙

「がん研が作った がんが分かる本」
第2版 2月27日刊行!! 税込864円

初版に続き、がんの基礎から最先端、はたまた代替医療まで公益財団法人「がん研究会」の全面的なご協力の下、最新の情報を分かりやすくお伝えします。

現物を手にすれば一目瞭然、かかっている手間暇や体裁から考えられないほど安価です。1人でも多くの方にお役立ていただきたいという願いと、これだけ価値ある本なのだから爆発的に売れるはずという予測から、この値段にしました。


『ロハス・メディカル』そのものも、バックナンバーを電子書籍化して無料公開しています。「バックナンバー」ページから「電子版を読む」をクリックでご覧いただけます。

『ロハス・メディカル』の記事を使って安く高品質なオリジナル冊子を作りませんか?

医療従事者と社会の善き志を繋ぐ月刊院内情報誌。毎月20日発行です。

ロハス・メディカルを手に入れるには

  1. 1 病院へ行く配置病院はこちら
  2. 2 定期購読するお申込みはこちら
  3. 3 新聞販売店にお願いしてみる

    毎日新聞の東日本、山形新聞、秋田魁新報の販売店では、新聞購読者へのサービス品として『ロハス・メディカル』を取り扱ってくださっています。

    ※取扱のない販売店もございますので、詳しくは最寄りの販売店にお問い合わせください

バックナンバーすべて無料電子書籍で公開中!

「ロハス・メディカル」2015年6月(117)号 寝たきりを遠ざける運動と栄養「筋肉バンザイ 百薬の長かも」 新連載「医大生ぱこの世界一周大冒険」 それって本当?「朝食を抜くと太る」 特別企画「専門医の制度変更 医師大移動を招く?」


『ロハス・メディカル』は、発行10年目に入りました。定期購読で安定発行にご協力ください!!

お申し込みは、Yahoo!ショッピング
もしくは郵便振替で 00150-7-668818 (株)ロハスメディア へご入金ください。

郵便振替の場合は、ご住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

最新ニュース記事+誌面アーカイブ RSSこのサイトを購読

 こちらから電子書籍が開きます。
 2014年度版まで全版通しの価格のみ主にお示ししていましたが、新たに病院へは行かないもの(薬局と新聞社へ)、新聞社版にだけ行くものの価格を明示しました。どれの組み合わせでも回数割引が適用になりますので、用途に合わせて、ご検討ください。

110-2-1.jpg長く、がんは遺伝子変異によって起きると考えられてきました。しかし近年、特徴的な変異がなくても発生するタイプのがんもあることが分かってきました。その原因となるのが「エピゲノム」の異常で、その異常は慢性炎症によって起きやすくなります。

109-1-1.jpg 血圧って、そもそも何? 高いと、なぜいけないの?
監修/木村健二郎 JCHO東京高輪病院院長

109-2-1.jpg乳がんは、手術後に放射線照射した方が長期生存率を上げられます。しかし、乳房への放射線照射は皮膚炎につながり、生活に支障をきたしがちです。この治療中の不快さを和らげる専用インナーウェアが、がん研究会と東レによって共同開発され、実用化目前です。

108-1-1.jpg 動脈硬化の始まりは、加齢や不摂生など様々な背景のもと、血管が内側から傷つくことです。何がどう血管を傷つけているのでしょう、対抗する仕組みはないのでしょうか。
監修/木村健二郎 聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科教授

108-2-1.jpg 微量の血液検査で、がんを早期に発見できる手法が、日本で開発されました。

107-1-1.jpg 生活習慣病は、基本的に自覚症状がありません。それなのに病気扱いされるのは、心血管疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中など、命に関わる発作のリスクが高くなっているからで、なぜリスクが高くなっているかと言えば、血管が傷んでいるからです。
監修/木村健二郎 聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科教授

107-2-1.jpgがん患者の口の中の状態は、その治療結果に大きな影響を与えます。2012年からは、がん患者の口腔を守るための医科歯科連携に保険が利くようになっています。

106-1-1.jpg 糖尿病になると、動脈硬化が進むだけでなく、末端の毛細血管も傷みます。そして、それが様々な症状となって現れます。なかでも糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害が、3大合併症として知られています。
監修/小田原雅人 東京医科大学主任教授

 同じ部位にできたがんでも、再発や転移に至る場合と至らない場合があり、前者では予後が大変厳しくなります。この両者は遺伝子レベルで何が違うのかを探る「難治がんプロジェクト」が、がん研究会で進行中です。

「STAP細胞」が世界の注目を集めた背景には、再生医療への強い期待があります。人工多能性幹細胞(iPS細胞)から色々な臓器の細胞ができたと報じられ、実用化も近いような雰囲気を醸し出していますが、現実問題として広く臨床応用されるようになるのは、まだまだ遠い未来の話と思われます。「立体構造を持ち、機能する臓器」の作製が、大きな壁として立ちはだかっているからです。
(九州メディカルライター 南家弘毅)

105-1-1.jpg インスリン抵抗性やインスリン分泌能の低下により高血糖が続けば、行き着く先は2型糖尿病です。その診断基準と、体の中で何が起きているのか、見ておきましょう。
監修/小田原雅人 東京医科大学主任教授