文字の大きさ

いのちの授業〜がんを通して:2022年の記事一覧

今月から授業が始まります

皆様、ご無沙汰してしまい申し訳ございませんでした。

「いのちの授業~がんを通して」は、4月末に関係者での打ち合わせを行い、今年度も昨年度と同じ方針で進めていくことになりました。1つ大きな変化があったのは、元患者として講師をお務めいただいている鈴木美穂さんにご長女がご誕生されたことです。今年度は、育児をされながら講師をお務めいただくことになりますので、新鮮なお話もうかがえるのではないかと期待しているところです。

今年度最初の「いのちの授業~がんを通して」は、6月11日(土)の杉並区立富士見丘中学校からスタートいたします。3年前に一度お邪魔した学校ですので、校長先生も当事業のことをよくご存じですが、当日の学校側時間割の関係から、質問の時間をかなり縮める必要が出てきました。本当は、生徒さんの質問を15~20分程度受けたいところですが、今回は全体で3名程度の質問しか受けられそうもなく、その点が少々残念です。授業見学や会場・機材確認のための事前訪問は5月20日(金)に実施させていただき、最終準備段階を迎えているところです。

翌週の13日(月)には、小笠原村教育委員会、小笠原村立小笠原中学校、小笠原村立母島中学校の方々とリモート会議を開催することになっています。実は、既に一度開催はしているのですが、4月1日付けの人事異動で大きな動きがありましたので、再度顔合わせを兼ねて実施させていただくことにいたしました。

1学期での実施は杉並区立富士見丘中学校1校のみですが、2学期実施4校との事前確認等、6月から忙しくなりそうです。

今年度もよろしくお願い申し上げます。

実施5校決定

皆様、こんにちは。前回の記事更新以来1カ月ぶりとなってしまいましたが、令和4年度を迎え、人生の新たな一歩を歩み始めた方も多いのではないでしょうか?

私の方は大きな変化もなく、これまで通りの新年度を迎えましたが、昨年度末ギリギリの段階で嬉しいことがありました。令和4年度「いのちの授業~がんを通して」実施校として残り1校の応募があり、3年ぶりに5校で実施できることになったのです。最後の1校もリピーター校で、前回実施時に受講してくれた生徒さんがすべて卒業し、メンバーが一新されることからご応募いただいたものです。今日は、改めまして令和4年度「いのちの授業~がんを通して」実施校を実施日順に記載させていただきます。

1、杉並区立富士見丘中学校 令和4年6月11日(土)
2、小笠原村教育委員会(小笠原村立小笠原中学校・母島中学校) 令和4年9月10日(土)
3、国分寺市立第二中学校 令和4年9月17日(土)
4、あきる野市立御堂中学校 令和4年10月29日(土)
5、青梅市立泉中学校 令和4年11月5日(土)

以上の5校中、初めて実施させていただく市区町村が小笠原村とあきる野市、校長先生や学校自体がリピーターになっている所が4校となっており、リピート率はこれまでで一番高い80%に達しています。実施枠5校すべてを新規開拓するのはなかなか難しいなか、リピート校の存在は大変ありがたいのですが、反面、もう少し新規実施市区町村や新規実施校を増やしていく必要もあると感じています。

いよいよ12年目がスタートします。皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

皆様、こんにちは。

2月中に記事の更新ができず、申し訳ございませんでした。

1月25日に『令和4年度「いのちの授業~がんを通して」実施希望校募集』の記事を掲載させていただきましたところ、現在までに5校から応募があり、そのうち1校については講師のスケジュールが合わず実施を見送らせていただくことになりましたが、4校での実施が確定しましたので、本日はその情報を掲載させていただきます。

小笠原村教育委員会(小笠原村立小笠原中学校・母島中学校)リモートでの実施
9月10日(土)2~3時間目
昨年中に教育委員会指導主事の方から当プログラムに対する問い合わせが入ってきたため、令和3年度総括会議の席上で実施希望をお受けしたい旨をお諮りしたところ、関係者の同意をいただき実施させていただくことが決定いたしました。既に教育委員会の指導主事、小笠原中学校および母島中学校管理職との合同打ち合わせをリモートで実施し、当日までの流れや確認すべき事項等について説明・意見交換を実施しております。指導主事の方が「いのちの授業~がんを通して」ウェブサイトをご覧になりお問い合わせくださったことで、東京都で最も遠方に位置する中学校での実施が実現したものです。島しょ部での実施は、平成29年度の新島村立新島中学校に次いで2校目(今回は2校同時実施となりますが、1校としてカウント)となります。

国分寺市立第二中学校
9月17日(土)2~3時間目
過去に別の学校で「いのちの授業~がんを通して」をご採用くださった校長先生からのご希望により実施が決定いたしました。国分寺市立第二中学校における2回目の実施となりますが、1回目実施は平成28年度でしたので、校長先生も交代されており、当然ながら当時の生徒さんは卒業されております。全校生徒対象で「道徳授業地区公開講座」としての実施になります。

あきる野市立御堂(みどう)中学校
10月29日(土)2~3時間目
過去に別の学校で「いのちの授業~がんを通して」をご採用くださった校長先生からのご希望により、実施が決定いたしました。あきる野市での実施は初となります。全校生徒対象で「道徳授業地区公開講座」としての実施になります。

青梅市立泉中学校
11月5日(土)2~3時間目
実は令和3年度に実施したばかりなのですが、コロナウイルスの影響で学年を絞って3年生のみを対象に実施させていただいたところ、校長先生から「受講できなかった1・2年生(令和4年度2・3年生)にもぜひお願いしたい」との強いご希望をいただきました。通常ですと全校生徒対象での実施が基本形態となりますので、同一校での実施は早くても3年後ということになるのですが、コロナ禍の中では事情も変わってくることから、2年連続での実施ではありますが、お受けすることにしました。2・3年生対象で「道徳授業地区公開講座」としての実施になります。

なかなかコロナ禍からは抜け出せそうにもありませんが、令和4年度も着実に実施実績を積み重ねて参りたいと考えておりますので、皆様のご支援をお願い申し上げます。

皆様、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

本来ですと、1月5日と20日に記事の更新をしなければならなかったのですが、メンテナンスのため、昨年末から一時的にサイトを休止しておりました。 ご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

さて、オミクロン株による「まん延防止等重点措置」が各地に出され、再度コロナ禍へと突入してしまいましたが、「いのちの授業~がんを通して」は、令和4年度も十分な感染防止対策を講じながら継続して参ります。

つきましては、以下に『令和4年度「いのちの授業~がんを通して」実施希望校募集案内』を掲載させていただきますので、ご検討くださいますようお願い申し上げます。

令和4年1月25日

 

=========================

 

中学校校長 各位

株式会社ロハス・メディカル・ジャパン
代表取締役 川口 利
(「いのちの授業~がんを通して」事務局)

 

令和4年度「いのちの授業~がんを通して」実施希望校募集案内

 

謹啓 大寒の候、貴校ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、平成23年度から開始いたしました「いのちの授業」も11年が経過し、都内49校、千葉県内1校、埼玉県内1校の合計51校で約17,000名の生徒さんに「いのち」について考える機会を提供して参りました。当事業誕生のきっかけや目標等につきましては、当サイト 内の『「いのちの授業」ご紹介、授業の実施、お問い合わせについて』をご覧いただくようお願い申し上げます。

 このたび、下記の通り『令和4年度「いのちの授業~がんを通して」実施希望校募集』のご案内をさせていただくこととなりました。

 

1 主催:株式会社ロハス・メディカル・ジャパン

2 協賛:大塚製薬株式会社

3 実施対象校数:中学校5校

4 実施対象学年:全学年または複数学年または個別学年(全学年・複数学年・個別学年にかかわらず、コロナ禍に鑑みて、実施可能生徒総数は300名程度までとなります)。

5 実施時期:5月~11月の土曜日(1校時準備・2~3校時授業実施を基本とします)。

6 実施形態:対面での実施を基本とします。
(当事業に関する詳細は、https://lohasmedical.jp/inochi/をご覧ください)

7 必要時数:
①事前学習:1校時
②「いのちの授業~がんを通して」:2校時
③事後学習:1校時

8 講師:
①医療従事者側講師:久住英二(医療法人社団鉄医会 ナビタスクリニック 理事長)
②患者側講師:鈴木美穂(元・乳がん患者、認定NPO法人 マギーズ東京 共同代表理事)
③進行役:川口 利(株式会社ロハス・メディカル・ジャパン代表取締役)

9 問い合わせ先:
川口 利(090-4223-7450、satoshi.kawaguchi@lohasmedia.co.jp

10 実施希望申込受付期間:令和4年1月26日(水)~令和4年2月15日(火)

11 実施希望申込方法:
『「いのちの授業~がんを通して」事務局 川口 利』あて以下のアドレスにメールを送信してください。 satoshi.kawaguchi@lohasmedia.co.jp

12 実施希望申し込みメールへの記載内容:
①学校名
②校長氏名
③学校所在地
④実施希望対象学年および生徒数
⑤貴校における当事業の位置づけ(例:「道徳授業地区公開講座」として)
⑥実施希望日程(第1希望から第3希望までご記載ください。9月10日は既に講師陣のスケジュールが確定していますので、避けていただきますようお願い申し上げます。)
⑦実施希望動機(可能な限り具体的にご記載ください)

13 留意事項:
①7-必要時数に記載してある授業時間数を確保できることが条件となります(事前学習については、当方で用意した統一教材をご使用いただきます)。
②「12-実施希望申し込みメールへの記載内容⑦」を特に重視させていただき、2月中をめどに「いのちの授業~がんを通して」事務局の川口が校長先生との面談をさせていただいたうえで実施校を決定いたします。
③実施希望を表明された場合でも、選考に漏れることがありますので、あらかじめご了承ください。
④実施日の割り当ては希望校全体を調整したうえで決定させていただきますので、あらかじめご了承ください。

以上

 

=========================

 

 ご案内の内容に対するご質問等がございます場合、まずは「9-問い合わせ先」へのご相談をお願い申し上げます。

 講師一同、貴校の生徒さんに対する教育的効果の高いプログラムであると自負いたしておりますので、ぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。

 時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

謹白

 

月別インデックス