文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

有効な方法でレッツお手入れ~年間シリーズ口から人生を豊かに②

 前号で、口の清潔さを保つため、お手入れしましょうと呼びかけました。今号では、日本歯科衛生士会の武井典子会長(歯学博士)に、具体的なお手入れの方法を教えていただきます。
 私たちの口の中には、たとえ清潔にしていたとしても何千億個という単位で細菌など微生物が棲んでおり、不潔にしていると何兆個にも増えてしまうと考えられています。それらによってむし歯、歯周病、誤嚥性肺炎のリスクが上がります。

 清潔さを保つとは、これら微生物の種類や数を、お手入れによって健康に害のない範囲にコントロールすることと言い換えることもできます。

 生きている限り、口の中の微生物をゼロにするのは不可能なので、増えにくい生活をする、増えたら減らす、がポイントです。

 また、口や周辺をお手入れすることで、その機能を元気に保つことも期待できます。
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ