文字の大きさ

過去記事検索:2014年分までの記事を検索できます

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

110-2-1.jpg長く、がんは遺伝子変異によって起きると考えられてきました。しかし近年、特徴的な変異がなくても発生するタイプのがんもあることが分かってきました。その原因となるのが「エピゲノム」の異常で、その異常は慢性炎症によって起きやすくなります。

109-1-1.jpg 血圧って、そもそも何? 高いと、なぜいけないの?
監修/木村健二郎 JCHO東京高輪病院院長

109-2-1.jpg乳がんは、手術後に放射線照射した方が長期生存率を上げられます。しかし、乳房への放射線照射は皮膚炎につながり、生活に支障をきたしがちです。この治療中の不快さを和らげる専用インナーウェアが、がん研究会と東レによって共同開発され、実用化目前です。

108-1-1.jpg 動脈硬化の始まりは、加齢や不摂生など様々な背景のもと、血管が内側から傷つくことです。何がどう血管を傷つけているのでしょう、対抗する仕組みはないのでしょうか。
監修/木村健二郎 聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科教授

108-2-1.jpg 微量の血液検査で、がんを早期に発見できる手法が、日本で開発されました。

107-1-1.jpg 生活習慣病は、基本的に自覚症状がありません。それなのに病気扱いされるのは、心血管疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中など、命に関わる発作のリスクが高くなっているからで、なぜリスクが高くなっているかと言えば、血管が傷んでいるからです。
監修/木村健二郎 聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科教授

107-2-1.jpgがん患者の口の中の状態は、その治療結果に大きな影響を与えます。2012年からは、がん患者の口腔を守るための医科歯科連携に保険が利くようになっています。

106-1-1.jpg 糖尿病になると、動脈硬化が進むだけでなく、末端の毛細血管も傷みます。そして、それが様々な症状となって現れます。なかでも糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害が、3大合併症として知られています。
監修/小田原雅人 東京医科大学主任教授

 同じ部位にできたがんでも、再発や転移に至る場合と至らない場合があり、前者では予後が大変厳しくなります。この両者は遺伝子レベルで何が違うのかを探る「難治がんプロジェクト」が、がん研究会で進行中です。

「STAP細胞」が世界の注目を集めた背景には、再生医療への強い期待があります。人工多能性幹細胞(iPS細胞)から色々な臓器の細胞ができたと報じられ、実用化も近いような雰囲気を醸し出していますが、現実問題として広く臨床応用されるようになるのは、まだまだ遠い未来の話と思われます。「立体構造を持ち、機能する臓器」の作製が、大きな壁として立ちはだかっているからです。
(九州メディカルライター 南家弘毅)

105-1-1.jpg インスリン抵抗性やインスリン分泌能の低下により高血糖が続けば、行き着く先は2型糖尿病です。その診断基準と、体の中で何が起きているのか、見ておきましょう。
監修/小田原雅人 東京医科大学主任教授

105-2-1.jpg がん幹細胞を見分ける目印として使われているマーカーの中には、がんの成長や転移に重要な働きを担っているものもあることが分かってきました。そこに着目した治療薬も治験段階に入っています。

104-1-1.jpg インスリン抵抗性は、様々な生活習慣病への第一歩。何が起きているのか、そのままだと何が起きるのか、見ておきましょう。

がん幹細胞を追いかけて①

104-2-1.jpg 再発や転移の防止は、がん研究の大きなテーマです。カギを握っているのでないかと注目されているのが、「がん幹細胞」(cancer stem cell)です。

103-1-1.jpg 唯一無二の同化ホルモンであるインスリンが効かなくなったら大変。様々な生活習慣病が目前まで迫っています。

103-2-1.JPG 正常細胞にも備わっている仕組みではありますが、通常は利用頻度が低く、一方でがん細胞は盛んに利用している機能も存在します。この機能を妨害することによって、がんを攻撃しようとする薬が実用化されています。

102-1-1.JPG 飢餓の歴史を背景として、インスリンは同化作用、つまり栄養備蓄のために、全身のあちこちで孤軍奮闘しています。具体的にどのような働きを担っているのでしょうか。
(図表類は、クリックしていただくと、鮮明なものが出てきます)

102-1-1.jpg 難治がんの代表例とも言える進行膵臓がんに対して、日本で開発されたペプチドワクチンによる医師主導治験が始まっています。

101-1-1.JPG 前回、生活習慣病は「ホメオスタシスの破たん」と表現しました。今回は、ホメオスタシスを担う重要な要素である、ホルモンに着目します。栄養備蓄をエネルギーに変えようと働くホルモンもあれば、せっせと備蓄しようとするホルモンもあります。
監修/小田原雅人 東京医科大学主任教授
(図表類は、クリックしていただくと、鮮明なものが出てきます)

101-2-1.png 抗がん剤の中に微小管阻害剤というグループがありますが、副作用や薬剤耐性の問題がありました。このほど、新たな仕組みで抗がん効果を発揮する薬剤が開発され、副作用の少ない抗がん剤として期待されています。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ