未確認情報

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年12月12日 04:19

こんな情報を耳にしました。
本来であれば
もっとウラを取ってから書くべきなんでしょうが
聞き捨てならない話であり
また、なかなか確証の取りづらい話なので
何かご存じの方がいらっしゃいましたら
コメントなりメールなりいただけないでしょうか。


自民党厚生族のO代議士が
小松秀樹先生のことを
医療事故調にかこつけて「商売をしている不逞の輩」と
決めつけたらしい。


いつ?
なぜ?
どういう状況で?
いずれにせよ理解に苦しむ話ですが。。。

<<前の記事:意外と知らない(7)    グランドピアノ:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/1118

コメント

政府から見たら、うっとうしい存在でしょうから、そういう嫌がらせは当然あるでしょう。

小松先生は、覚悟を持って死ぬつもりで、意見を述べられているように見えます。我々ができるだけ守ってあげなければなりません。

ネット上の情報では
大村秀章代議士が
選挙区の医師たちから陳情を受けた際に
言ったことになってますね。

情報の真偽のほどはわかりませんが、仮に本当だとして。
自民党O代議士の真意を確かめたいです。
O代議士は病院勤務の臨床医出身なんですかね?
だとしたら、とんでもないことです。
恐らく、臨床医ではなくで、単に族議員であって、臨床の現場に無理解なだけでしょう。
小松先生の一連の発言があったがら、多くの病院勤務の臨床医が動き始めたわけですし。
小松先生を支えると同時に、病院勤務医が団結して、理不尽な医療行政や医療システムの不備に立ち向かうときが来ていると思います。

>Anonymous先生
そんなに深刻に考えたことがなく
小松先生に申し訳なく思いました。

>Anonymous先生
コメントありがとうございます。
他にも何かありましたらよろしくお願い申し上げます。

>病院勤務内科医先生
o代議士は臨床医ではなく
単なる二世議員と聞いています。

 「医療事故調にかこつけて『商売をしている不逞の輩』と決めつけたらしい」

 ありえないことです。

 小松先生は、今でこそ執筆活動の方で有名ですが、泌尿器科領域のがんの手術の腕も超一流です。度肝を抜かれるような手術のビデオをいくつも発表されています。
 もし金儲けをしたいのだったらいくらでも儲けられたと思います(アメリカに行くとか)。

 小松先生の昨今の活動は、「ポスト」とか、「金」といったことで損得勘定すれば、はっきり言って損だと思いますよ。虎の門の院長とも喧嘩してしまいましたしね。損得勘定を超えた武士の行動だと思います。

>kashmirblue先生
コメントありがとうございました。
o代議士に聴かせてやりたいです。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。