計画的に現役出向減らせ PMDA事業仕分け コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年04月27日 14:42

 厚生労働省による「植民地支配」が問題になっている医薬品医療機器総合機構に対する事業仕分けが27日行われ、審査も安全対策もその事業は引き続きPMDAで行って規模も拡充するものの、計画的に現役出向者を減らして厚生労働省からの独立性を担保するなど、ガバナンスを抜本的に見直すようにとの結論が出された。(川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:NICUの本を出版します    マスメディアによる人格攻撃ーあるいはオッカムの剃刀の限界:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2702

 厚生労働省による「植民地支配」が問題になっている医薬品医療機器総合機構(PMD... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。