がん研究、戦略持って再構築を コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年05月27日 14:00

 今月18日にヒトゲノム国際機構からチェン賞を授与され帰国したばかりの中村祐輔・東大医科研ヒトゲノム解析センター長は、最近、外国へ行く度に憂国の念を抱いて帰ってくることが続いているそうです。何が問題なのか、どうすればよいのか、聴きました。(聴き手・川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:「『PTA議論』にすり替えた方が、みんな楽」    「子宮頸がんワクチン接種に公費助成を」12団体が与党に要望 コメント欄:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2712

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント