70患者団体が連名で要望書 コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年07月13日 15:03

 70の患者団体が連名で13日、がんの適応外医薬品への保険支払いを認める方向で検討するよう求める要望書を、厚生労働大臣など宛に提出した。適応外使用の問題を巡っては、かつて日本医師会の力が強かった時代に、医師の臨床上の判断を尊重し支払いを認めるとした『55年通知』が厚生省から出されているが、最近では有名無実化しつつある。代わって今年から『医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議』が設置され、適応拡大後の保険適応という手続きの、時間や費用のかかる道へ誘導されている。(川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:VPDの基礎データ初めて出てくる コメント欄    「55年通知」をめぐる議論を開始 ─ 中医協(7月14日):次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2747

 70の患者団体が連名で13日、がんの適応外医薬品への保険支払いを認める方向で検... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。