「職員アンケート」で議論紛糾 ─ 中医協・DPC分科会 コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2010年07月18日 00:47

 医療費抑制などを目的としたDPCの導入により、入院期間の短縮に追われる医療従事者の疲弊や粗診粗療の恐れなどを指摘する声もある。「医療の質」を調べる決定打を欠く中、厚生労働省は中医協のDPC分科会で「職員アンケート」を提案したが、賛否両論が相次ぎ紛糾した。(新井裕充)

 続きはこちら

<<前の記事:国立がん研究センター、相談外来でドクターフィー コメント欄    急性期病院の機能評価、迷走再び コメント欄:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2752

医療費抑制などを目的としたDPCの導入により、入院期間の短縮に追われる医療従事者の疲弊や粗診粗療の恐れなどを指摘する声もある。「医療の質」を調べる決定打を... 続きを読む

コメント

 おそらくPDCAサイクルみたいに新しい機能係数IIへの反応を見たいのでしょうが、設問のつくり方によっては「自画自賛」の結果も出やすいでしょう。
 職員の残業時間の総時間数や有給休暇の取得率、看護師の退職率など客観的な数値の変化もきちんと負えたらベストですが。
 いずれにせよ、多忙な院長に事細かな数字を求めるのではなく、病院に係数を改定する場合に必要な項目に入れ込まないと継続的にはデータは取れないでしょうね。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。