村重直子の眼12 コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年08月16日 18:25

 元厚生労働省大臣政策室政策官の村重直子氏が在野のキラリと光る人たちと対談していく好評のシリーズも12人目になりました。お相手は、国立国際医療研究センター病院でHIV診療などを担当している本田美和子医長。本田医師は、患者自身が自らの記録を付けていく大人版母子手帳のような『ほぼ日の健康手帳』を考案しました。なお今回は、初めて誌面とも連動します。webにはいつものように対談の全文を2回に分けて、誌面の方にも抜粋したエッセンスを9月号のP12~14に掲載します。(担当・構成 川口恭)

続きこちら

<<前の記事:「救児の人々」感想⑥    救急車のAED、一般市民用が2%:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2774

誌面連動企画の『村重直子の眼』。本田美和子医師の(下)です。... 続きを読む

コメント

色々と難しさはあると思うのですが、DSi版の他に携帯電話版があると国民全体の健康/医療に対する意識を大きく変えるものになるのではないかと感じます。
手帳は購入して周囲にも勧めたいと思います。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。