村重直子『さらば厚労省』

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年08月03日 20:32

ちょうど第3クールが始まったばかりの『村重直子の眼』。その村重直子氏が満を持して著書を5日に出すそうだ。
さらば厚労省 それでも役人に生命を預けますか?

今年はじめ、本人の知らない間に出版されて、すぐに回収されたという曰くつきの本の、今度は本人がちゃんと書いたもの。インフルH1N1の流行がまた始まったなどという噂もチラホラ聴くようになったので、改めて厚労省について考えるよい機会になりそうだ。

皆さんも、ぜひどうぞ。読み終わったら、また感想書きます。

<<前の記事:「救児の人々」新潟日報に紹介されました    搬送先決まらない2次患者を運ぶ「東京ルール」、年間実績1万732件:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2767

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント