本来の「根拠」と「総意」に基づくガイドラインとは?-森臨太郎氏インタビュー①

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2010年08月06日 13:47

森臨太郎氏(東大大学院医学系研究科国際保健政策学准教授)インタビュー
 
 日本未熟児新生児学会が先ごろ公表した『未熟児動脈管開存症のガイドライン』は、患者家族の参加や、総意形成と根拠の検証へのこだわりなど、今後の日本のガイドラインの在り方に一石を投じるものになりそうです。背景には、英国政府組織でガイドライン作りに携わってきた森臨太郎氏による、ガイドライン作成過程の計画がありました。森氏に取材すると、日本のガイドラインの問題点は医療政策の問題構造に通じているという興味深い話を聞くことができました。3回の連載でお届けします。(熊田梨恵)
 
続きはこちら

<<前の記事:搬送先決まらない2次患者を運ぶ「東京ルール」、年間実績1万732件    医療政策に総意形成プロセスを-森臨太郎氏インタビュー②:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2769

インタビュー 森臨太郎氏 (東大大学院医学系研究科国際保健政策学准教授)  日本... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。