国立がん研究センター、患者の口腔ケアで日歯と連携

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2010年08月31日 17:50

 がん患者が抱えやすい口腔内トラブルを解消してがん治療の質を高めるため、国立がん研究センター(嘉山孝正理事長)と日本歯科医師会(大久保満男会長)は 31日、がんに関する講習を受けた歯科医が同センターから紹介を受けて患者の歯科治療に当たる医療連携を始めると発表した。当面は手術を受ける関東圏の患者約4000人を対象に始める予定で、各地域のがん診療連携拠点病院による全国展開も視野に入れている。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事:「女性という『性』を失う」子宮頸がん‐癌研公開講座で患者会の穴田佐和子氏    村重直子の眼13 コメント欄:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2781

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。