山形メディカルで紹介した研究が大成果

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2011年09月07日 13:14
山形メディカルP4.JPG
 今年1月に山形大学医学部とのコラボで『山形メディカル』というラッピング冊子を制作発行しました。その最後の頁に入れたのが、この記事です。

 で、昨晩、国立がん研究センターの成田善孝・企画戦略室長から『悪性脳腫瘍の「根っこを絶つ」遺伝子を発見   山形大学医学部 腫瘍分子医科学講座・脳神経外科学講座 国立がん研究センター脳脊髄腫瘍科』というタイトルの報道関係者宛一斉メールが送信されてきました。

 お察しの通り同じ話です。なのでメールのタイトルを見た瞬間に、「もう見つけたの!?」と声が出てしまいました。詳しくは報道各社が報じることと思いますので、まずはそちらをご覧ください。久々に明るい話題だなと思ったので、ご紹介しました。

 ちなみに山形メディカルのラッピングした4頁は、こんな構成になっておりました。ラッピング冊子のスキームは、現在のところ仙台版と徳島版で活用中です。

<<前の記事:新生児医療の現状と課題 コメント欄    第1回不活化ポリオワクチン検討会 傍聴記 その4:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2927

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。