2本のはずが3本?

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年01月23日 00:00

岐阜市の歯科医が、患者に刺殺された事件。具体的な動機に触れた報道は、日本テレビのものしか見つけられず、これが本当に正しいのか確信は持てないのだが


長濱容疑者を知る近所の人は「2本のはずが、3本抜かれたと怒ってた。『殺したいくらいの気持ちはある』って言ったけど、ばかなまねはするなよと、ぼくは言ったんだ」と話していた。

そうで、説明の仕方が悪かったのか、容疑者の理解が悪かったのか、とにかく相当の行き違いがあったことは間違いなかろう。


殺人が言語道断なことは当然として、しかし、つい先日歯科医への大量の不満を読んだ身としては、起こるべくして起こった事件のような気もする。このままだと類似の事件が頻発しかねない。


歯科医サイドと患者サイド双方について、何かする必要があるだろう。

<<前の記事:大スキャンダル    脳梗塞の遠隔リハビリ:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3144

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。