静岡県医師会こんなこと言われていいの?

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年03月11日 00:00

一昨日の永江一石さんのブログに驚くべきことが書いてあった。


受動喫煙を防ぐため厚生労働省が法制化を検討している飲食店建物内での原則禁煙の件だ。7日に自民党たばこ議連の臨時総会があったそうだ。そこで以下のような発言が飛び出したらしい。

宮澤博行(衆院 静岡3区)
「医師会は受動喫煙防止対策法案の署名を取っているようだが、私の県ではそれを会長が握りつぶしてくださってる。『こんなものはダメだと』。


マジですか?


静岡県医師会のサイトには、「喫煙の被害と禁煙について」というコーナーもあるし、まさかそんなアホなことはしないでしょう。デマを流すな、と宮澤議員に抗議した方がよいのでないか。


なお個人的心情を明かすと、私も学生時代に喫煙を始め10年くらい吸っていた。やめて15年くらいになる。あれは嗜好品ではなくて中毒性の薬物だと実体験から思う。しかも吸わない人間の健康まで害するのだから、今回ばかりは厚生労働省よ負けるな頑張れと思っているところだ。

<<前の記事:保険者サポーター機構    自治体にカード払いなんかするもんじゃない:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3196

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント