ダビンチ手術の値段を上げろ? 何をバカな

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年03月16日 00:00

外科系学会社会保険委員会連合(外保連)が、支援ロボット「ダヴィンチ」を使った手術が赤字になるので診療報酬を上げてほしいという要望をしたらしい。何かおかしくないか。診療報酬を上げるだけの、価値は一体どこにあるのか。


とりあえず買ってしまってから、採算に合わないとゴネるのは、子どものやることだ。その持ち出し分を他で補えると考えたから買ったんじゃないのか? それが難しかったとしても、まずは売れに売れているダヴィンチの消耗品代を下げさせることで採算を合わせるのが筋だろう。国民にツケを回すんじゃない!


どうして、子どもでも無茶だと分かることを、頭がとても良いはずの医師たちが堂々と言うのか、理解に苦しむ。

<<前の記事:ワセダクロニクル黙殺される    マグネシウムは抗ストレス・ミネラル:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3202

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。