妊娠中に痔・カンジダ・痒み・腰痛が一気に来た!(前編)

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2017年06月25日 00:00

「記者が当事者になって」という連載をロハスメディカルで始めている。

私は妊娠中に起こりやすいと言われるトラブルを色々経験していて、このことは絶対に書き残しておきたいと思っていた。

(私が経験したトラブル)
・つわり
・妊娠中のうつ(そこまでひどくはなかった)
・食あたり(恐らく免疫低下のためと思われる)
・腰痛
・痔
・カンジダ
・肛門周りの原因不明のかゆみ
・むくみ

(他にもあったような気がするが、今思い出せるのはこれぐらい)

千葉県に一人暮らし中のつわりもかなりしんどかったが、一番つらかったのは妊娠30週前後の頃に痔とカンジダと原因不明の痒み、腰痛が一緒にきた時だった。

妊娠して初めて知ったのだが、妊娠中はお腹が大きくなって下腹部の血流が圧迫されるため痔になりやすく、むくみが出やすいそうだ。

また、免疫も落ちるためカンジダもかかりやすいらしい。

胎児の成長に伴って骨盤が動くし、体重も約10キロほど増えるため、腰痛も出やすい。

これらが30週前前後に一気に起こった。

字面だけ読んでいるとたいした事なさそうに見えるが、当時の私はつらくてつらくて泣いてしまうほどだった。

特に痔がつらかった。

(*以降はお食事中の方、リアルな表現が苦手な方はご遠慮ください)

肛門付近に2センチぐらいのいぼ痔、そのいぼ痔にくっつくように1センチぐらいのいぼ痔ができていた。痔をご経験されている方は分かると思うが、歩く、座る、寝る、起きる、トイレ、お風呂、外出、料理や掃除などの家事、何をするにもいちいち痛いのだ。

いぼ痔の場合、大便をすると排出時に痔に触れて痛む。「いきむことは良くない」と痔のパンフレット等によく書いてあるが、どうしたって大便の時にはいきむのだから難しい(便が固い人のいきみが良くない、とは分かっているが、どれぐらいのいきみが悪いのか、という程度が分かりにくい)。清潔のためにきちんと拭くのもつらい(ウォシュレットでゆる~く水を当てて洗っていた)。

肛門の中に痔を入れてしまえば痛くないのだが、ふと力を入れたりすると飛び出てくる。すると下着などに当たって痛い。車移動等で座席に座るのも痛く、病院の固い椅子は地獄の沙汰だった。出血もあったので、とても痛かった。

ただでさえお腹が大きくなっていて動くのもつらいのに、それに痔の痛みが加わると生活そのものがつらかった。
 
 
そこにカンジダが加わった。

カンジダもご経験されている方は多いと思うが、膣の周りが何しろ痒い。めちゃくちゃ痒い。気が狂いそうになる類の痒さだ。手を持って行ってがーっと掻きむしりたくなるし、たまにそうしてしまっていたのだが、するとさらに痒みが増してもっと悪化する。我慢しているとイライラしてくる。

痒みというのは、地味にとてもつらい。
 
 
 
痔については、友人の産婦人科医がメールでサポートしてくれ、近所の肛門科の受診を勧められたので行くことにした。

人気の肛門科だったので、順番を取るために並んだり、車に乗るのも痛くて辛かったが、頑張った。

そこで痔の外用薬を3種類ほど処方されたが、原因は妊娠のため、今後さらにお腹が大きくなれば、悪化することはあっても良くなるというのは難しいと言われた(もちろん出産すれば良くなるだろう、ということだったが)。

「妊娠中の痔はよくあるよね~。でももっと大きい(痔核の)人もいるから」

と言われた。比較されても、私が痛いことには変わらなかったのであまり嬉しくなかった。
 
 
カンジダについては妊婦健診の時に伝えて、それも外用薬をもらった。
 
 
 
こうして、私は肛門には痔の薬を、膣周りにはカンジダの薬を塗っていた。


2,3日すると、なんだかよく分からないが肛門の周りがやたら痒くなってきた。

カンジダが肛門周りまで広がったのかな? と思いカンジダ用の薬を広範囲に塗ってみたがあまり変わらなかったのでまた妊婦健診で伝えると、原因が分からないと言われ、かゆみ止めを処方された。

痔の薬、カンジダの薬、かゆみ止めの薬、と私は陰部に3種類もの外用薬を使うことになった。


これは、結構滅入った。


1日に2,3回とはいえ、トイレの中で大きいお腹を抱えながら3種類の薬を塗るのはかなりの負担だ。痔の薬は入れるのも塗るのも結構大変だし、出血のケアも脱脂綿を当てたりと手間がかかる。

それぞれの薬の化学薬品的な臭いもつらかった。

妊娠中は嗅覚が敏感になるというのもあるのだろう。

吐き気が出そうな臭いの薬もあったので、トイレの中で様々な薬品の臭いがこもり、その中でケアをするというのは、相当のストレスだった。

陰部に薬を塗るためにかがむのは、腰痛にもつらかった。


私はだんだん鬱々としてきた。

痔の痛み、カンジダと肛門周りの痒み、この症状だけでかなりつらいのに、そのケアがまたつらい。

でもこんなマイナーなつらさ、誰にも分ってもらえない。

マイナーだけど、自分にとってはめちゃくちゃつらい。

ただでさえ、お腹が大きくて体もつらいのに。

「私のおしもがやられてしまった・・・。これで尿道にトラブルでも起これば全滅だ・・・」などと思っていた。

 
 
つづく


<<前の記事:「しまじろう」はいつもタイミングよくやってくる    妊娠中に痔・カンジダ・痒み・腰痛が一気に来た!(後編):次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3293

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。