世界にひとつだけの花

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2007年03月01日 23:44

今日から3月。

小学校の6年生を送る会
世界にひとつだけの花』を
手話で発表するのだそうです。

これは三学期の総合的学習で、
「盲導犬・介助犬の訓練」(国語)や
「安心して暮らせる町に」(社会)
で出てきた福祉分野に焦点を当てた結果です。

アイマスク体験で
目の不自由な人の気持ちを考え、
耳の不自由な人とのコミュニケーションの手段を勉強していました。

トントンは、

今回ピアノ伴奏のオーディションに落選したので、
歌いながらの手話の練習が大幅に遅れています。
それで毎日追いつくように励んでいます。
(ピアノの補欠練習も同時にやってます)

それにしても、
この歌、歌うのは
聴くよりずっと難しい・・・

<<前の記事:国立循環器病センター    成約:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/604

コメント

真木さま

いい歌ですよね。私も大好きです。
03年にやっていた、「僕の生きる道」のテーマソングですよね。このドラマ、教えられるものが多くて、感動的でした。

主人公が、最期に
「僕は生きた。
たったひとつしかないかけがえのない僕の人生を 
僕は生きた。」
というシーンがあります。

いろいろな思いが重なって、一番印象的なシーンでした。


話がずれてごめんなさい。

「6年生を送る会」、
うまくいくといいですね!
トントン、頑張ってね(^^♪

海(kai)ちゃんさま

コメントありがとうございます。

SMAPの草彅剛さんが主演したドラマですよね!

トントンは、
伴奏の件でかなりめげていましたが、今は元気いっぱい歌っています♪♪

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント