『リウマチ科』存続についてご報告

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2007年10月05日 23:13

遅くなりましたが、
昨日友の会支部を通して報告を受けました。

6月4日開始の署名は、
途中期日を延長
9万5千筆を超えました。

この間、8月20日付毎日新聞で、

診療科名削減:厚労省が見直し案を白紙撤回

の記事が出ました。

さらに、
医療機関が掲げることができる
診療科名の見直しを検討している厚生労働省は
9月21日、
政令で定める38種類内でしか認めていない診療科の表記規制を、
大幅に緩和する方針を明らかにしました。

これに関して、
リウマチ友の会本部は
正式の回答を得るために、
あらためて厚生労働大臣宛要望を出すそうです。

いずれにしましても、
当初は廃止予定だった
アレルギー科やリウマチ科の表記は
残る見通しになりそうです。

短期間に
大勢の方々のご理解とご協力を得て
署名が集まり、
その声が届いたのだと思います。

誠にありがとうございました。

<<前の記事:「es」    開き直り宣言:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/1002

コメント

署名運動の成功おめでとうございます。

闘病記を欠かさず読ませていただきました。等身大の患者さんの苦悩は、外来でしか会えない医者はなかなか知ることが出来ません。これからも家族と仕事とリウマチ、三者のバランスをやりくりしつつ、いろんな話を聞かせてください。楽しみにしています。

>ひろ先生

コメントありがとうございます。
専門医の先生方のご意見、学会からの反発に加えて、署名などの働きかけが一致したことがよかったのだと思います。

拙文をお読みいただいたとのこと、大変恐れ入ります。
ほのぼのと元気をいただきました。
重ねて御礼申し上げます。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。