土屋がんセンター院長、自ら退く コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年03月25日 18:27

 国立がんセンター中央病院の土屋了介院長が24日、自ら主催した勉強会の席で、定年まで1年を残して4月1日付で辞職し、癌研究会顧問になることを明らかにした。厚生労働省の役人から辞めさせられる(勧奨退職)のではなく、自ら退く(依願退職)という形にしたために、退職金を数百万円失うという。勉強会には、やはり15日に官職を辞したばかりの村重直子氏とスマイリーの片木美穂代表も登壇。会場も交えて熱い討論を繰り広げた。(川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:村重直子氏、がんセンター勉強会に登場 コメント欄    第一回ADR機関連絡調整会議開催 コメント欄:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2679

 国立がんセンター中央病院の土屋了介院長が24日、自ら主催した勉強会の席で、4月... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。