検察官のシナリオがおかしい

投稿者: 中村利仁 | 投稿日時: 2010年04月10日 18:54

京大病院看護師を精神鑑定へ インスリン投与事件で地検
asahi.com 2010年4月7日16時 14分

 以前のエントリの続報です。

 どう考えても辻褄が合わないのは警察と検察官が書いた行動の説明の方でしょう。そう、動機よりも行動です。

(以下再掲)

1)そもそもインスリン投与がされていない患者さんに大量のインスリンを、

2)吸収の確実な皮下注射ではなく、不確かな経静脈で点滴(あるいはワンショット)投与し、

3)指示も出ていない血糖測定を何度も行い、

4)しかもその結果を必要もないのに偽って看護記録に入力した。

<<前の記事:村重直子の眼2 コメント欄    村重直子の眼3 コメント欄:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2692

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント