村重直子の眼5 コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年04月25日 15:31

 元厚生労働省大臣室政策官の村重直子氏が在野のキラリと光る人たちと対談していきます。5人目は、元厚生労働省の薬系技官でPMDA発足時には審査官として出向していたこともある小野俊介・東大大学院薬学系研究科准教授です。非常に大きな話で議論が白熱したため、3回に分けてお伝えします。(担当・構成 川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:国会議員シンポジウムだそうです    NICUの本を出版します:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2700

 村重直子・元厚生労働省大臣室政策官と小野俊介・東大大学院薬学系研究科准教授の対... 続きを読む

コメント

未承認薬よりも適応外薬のほうが、捉え方によってはより切実なものでしょう。 全部薬事法で面倒をみようとするからむずかしくなるのであり、保険償還のほうで面倒をみるのが現実的なのでしょう。 保険者機能、日本版NICEというキーワードが登場すると、よりわかりやすかったかもしれません。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。