村重直子の眼7 コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年06月17日 19:59

 元厚生労働省大臣室政策官の村重直子氏が在野のキラリと光る人たちと対談していくシリーズ。7日に最終報告書が公表されたばかりの『薬害肝炎の検証および再発防止に関する研究班』で、薬害被害者として自ら分担研究者となり、大変な苦労の末に厚生省の不作為を明らかにした坂田和江氏に、あの報告書が出てくるまでにどんなことがあったか話してもらいました。3回に分けてお伝えします。(担当・構成 川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:「取次」のもう一つの顔~出版業界の貸金業者    「救児の人々」感想②:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2731

 坂田和江氏の3回目。公務員制度に対する言及があります。で実は坂田氏のご主人は熊... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント