村重直子の眼8 コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年06月20日 07:51

 元厚生労働省大臣室政策官の村重直子氏が在野のキラリと光る人たちと対談していくシリーズ。今回のお相手は、昨年の新型インフルエンザ騒動の際には全国の医療現場で何が起きていたのか、知ることのできる立場にあった内田健夫・前日本医師会常任理事です。国会のドタバタのお蔭で、パッチワークの改正予防接種法案が継続審議になっていますが、あの改正が本当に必要なのかということも考えさせられます。(川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:「救児の人々」感想②    脳卒中患者の搬送・受入マッチングの全国調査、今年度実施‐消防庁:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2733

 元厚生労働省大臣室政策官の村重直子氏が在野のキラリと光る人たちと対談していくシ... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。