治癒率減少でも、医療の質は確保? ─ DPC影響調査

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2010年07月01日 04:02

 「DPCで質が悪くなったという証拠はない」「粗診粗療になっていない」─。中医協分科会の委員は、DPC病院の治癒率が減少しても医療の質は確保されていると主張した。(新井裕充)

 続きはこちら

<<前の記事:佐藤章・福島県立医大名誉教授追悼 村重直子の眼 コメント欄    岐路に立つ中医協の分科会:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2740

DPCで質が悪くなったという証拠はない」「検査も何もしないで追い出すという意味ではない。粗診粗療になっていないという意味の質だ」─。DPCによる影響につい... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント