子宮頸がんワクチン、23団体が合同で大臣に要望 コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年07月21日 14:26

子宮頸がんワクチン接種への公費助成を求めて21日、毛色のかなり異なる23団体が合同で、長妻昭厚生労働大臣に要望書を提出した。5万2千筆あまりの署名も添えた。各団体の代表や付き添いが顔を揃えた結果、30人を超える大陳情団が大臣室を埋め尽くすことになり、熱気を目の当たりにした長妻大臣も「比較的前向きな答え」(同行の小宮山洋子代議士)をした。(川口恭)

この続きはこちら

<<前の記事:NICU長期入院児数が増加‐日本産婦人科医会調査    「救児の人々」感想④:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2755

 子宮頸がんワクチン接種への公費助成を求めて21日、毛色のかなり異なる23団体が... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。