赤信号みなで渡れば合法になる コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年07月27日 21:40

3連休ど真ん中だった7月19日午後、都内で『市民と医療を考える1-川崎協同病院事件から医と法を考える』というシンポジウムが開かれた。自分や家族の死が避けられない状況になった時、私たちは医療にどこまで求めるのか。直球ど真ん中の問題を考える会になった。(川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:「救児の人々」感想⑤    患者家族が新生児医療ガイドライン策定に参加:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2760

  3連休ど真ん中だった7月19日午後、都内で『市民と医療を考える1-川崎協同病... 続きを読む

コメント

この会場に宗教家がいたらどんな発言をされるのか知らん? と思いました。日本には仏教という 葬式やらお盆には欠かせない宗教があるのに、だからこそ「どう死ぬか」という問題には関心を示して発言すべきだと思うのですが。

個人的に、死に行く人々を癒すのが宗教家の責務 と考えているので、上記のような感想を持ちましたです。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。