搬送先決まらない2次患者を運ぶ「東京ルール」、年間実績1万732件

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2010年08月05日 18:01

 東京都は4日、2次救急病院が患者の搬送先を選定する「東京ルール」について、制度が始まった昨年8月末から今年7月末までに、1万732件の実績があった事を公表した。都は「救急医療機関の意識も向上してきている」との評価を示しており、今秋にも医療機関側と救急隊側の受け入れに関するマッチング調査を行って検証を進める予定だ。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事:村重直子『さらば厚労省』    本来の「根拠」と「総意」に基づくガイドラインとは?-森臨太郎氏インタビュー①:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2768

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント