「女性という『性』を失う」子宮頸がん‐癌研公開講座で患者会の穴田佐和子氏

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2010年08月30日 21:31

 子宮頸がん予防ワクチンの接種に適した年代の子供達への普及啓発を図るため、癌研究会は30日、中高生向けの公開講座を癌研有明病院(東京都江東区)で開いた。患者会の穴田佐和子代表は、抗がん剤の副作用による苦しみだけでなく、「女性という『性』を失うというメンタルな面」でのつらさも抱えるとして、子宮を摘出して子供が産めなくなったことなどから交際相手と別れたり、出産を諦めたりする女性もいると語った。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事: 子ども亡くす親の気持ち分かり合える機会が減ってきた―細谷亮太聖路加国際病院副院長    国立がん研究センター、患者の口腔ケアで日歯と連携:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2780

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。