がん治療の救世主となるか、「ホウ素中性子捕捉療法」 コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年01月19日 04:57

 「世界初、日本初をがんの領域で行う」「今までバラバラだったものを横つなぎにした第一歩の研究成果だ」─。原子炉などがネックとなって進まなかった治療法の確立に向け、国立がん研究センターが動き出した。(新井裕充)

 続きはこちら

<<前の記事:市民のためのがん治療の会による現場からの医療改革のシンポジウム    「政権交代と新体制の中医協」 講演のお知らせ:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2826

「世界初、日本初をがんの領域で行う」「今までバラバラだったものを横つなぎにした第一歩の研究成果だ」─。原子炉などがネックとなって進まなかった治療法の確立に... 続きを読む

コメント

バラバラにという言葉が繰り返し語られていますが、BNCTは既に京大で取り組まれているのではないのでしょうか、しかも国産技術です。二つ目を、海外技術でやることの意味が、どうしてもわかりません。これは私の誤解であり二つ目ではない、ということなのでしょうか?教えて下さい。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント