「一度自宅を見に行きたい」いわき市からの避難者の声

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2011年04月11日 10:16

 東日本大震災による津波で自宅を失い、兵庫県尼崎市で避難生活を続けている新妻清茂さん(福島県いわき市、80)は、「避難してから一度も戻れていないので、流されてしまった自宅がどうなっているか一度自分の目で見たいです。ここで避難生活を続けながら行き来して、あちらの様子を見ながらゆっくり復旧や、今後の生活を考えていけたらと思いますが、移動にお金がかかってしまうので難しいです」と話した。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事:梅村聡の眼② コメント欄    被災地の患者と受け入れ先のマッチングが必要―長尾和宏・長尾クリニック院長:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2856

 東日本大震災による津波で自宅を失い、兵庫県尼崎市で避難生活を続けている新妻清茂... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント