被災地の患者と受け入れ先のマッチングが必要―長尾和宏・長尾クリニック院長

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2011年04月11日 11:36

 3月11日の東日本大震災により、被災地以外への患者の移動が必要な一方で、西日本をはじめとする受け入れ可能地域に避難者が移れていない現状がある。「こちらから『来い来い』と言っていても彼らは来られない、今はそういう状況。だからこちらから現地に情報を持って行って直接コーディネートするしかないと思う」と、自ら現地に赴く予定と話す兵庫県尼崎市の開業医長尾和宏氏(長尾クリニック院長)の話を聞いた。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事:「一度自宅を見に行きたい」いわき市からの避難者の声    避難者のJR使用料無料化「後は官邸を動かす段階」―梅村聡参院議員・民主:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2857

 3月11日の東日本大震災により、被災地以外への患者の移動が必要な一方で、西日本... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント