国がん、造血幹細胞保存の提言を条件付きに変更 コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2011年04月14日 18:17

 国立がん研究センターの嘉山孝正理事長ら幹部職員は14日会見を開き、福島第一原発事故に関連して2つの提案を発表した。一つは前回会見の際に提言した「 原子炉での作業が予定されるなど、被ばくの可能性がある方々については、造血機能の低下のリスクがあるため、事前に自己末梢血幹細胞を保存しておくこと」を「被ばく線量が250ミリシーベルト以下での職場環境が保たれない場合は、自己の末梢血幹細胞を保存しておくこと」と訂正するもので、もう一つは原発周辺の住民を対象に、定期的な健康診断と被ばく線量測定を行うよう国に提言するというもの。

続きはこちら

<<前の記事:被災地向け、ボランティア医師による無料メール相談    放射線は、うつりません:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2861

 国立がん研究センターの嘉山孝正理事長ら幹部職員は14日会見を開き、福島第一原発... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。