「介護者同士が共感できる場を」―認知症患者の介護家族の声③

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2011年04月25日 15:37

 3回目は、認知症の母親の富子さん(95歳)と二人で暮らしながら11年にわたり介護を続けている有岡陽子さん(61歳)。次々と出てくる富子さんの症状に有岡さんは一人で悩み続けましたが、介護者同士の集まる場に参加してからは「今が一番幸せ」と語るほどに。有岡さんの話には介護者を心身ともに支援していくためのヒントが詰まっていました。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事:「病院医療従事者の負担軽減について」 ─ 委員の発言 コメント欄    胃ろう造設者の数:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2872

3回目は、認知症の母親の富子さん(95歳)と二人で暮らしながら11年にわた... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント