相馬市の震災孤児支援基金、目標額2億円到達~今後は大学奨学金へ

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2011年08月02日 11:04

 福島県相馬市で募っていた東日本大震の遺児・孤児に支給する「震災孤児等支援金」が2億1800万円集まり、当初の目標額を上回ったことが分かった。市の担当者は「市長の意向として、『親が生きていたらできるはずだった』ことはしていきたいと思っているので、今後集まる寄付金は大学進学資金にさせていただきたい」と話しており、今後さらに1億円を募って大学進学の奨学金に充てるという。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事:リレー・フォー・ライフ東京2011in駒沢公園    厚労省の「医師密度」案に異論噴出  コメント欄:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2892

 福島県相馬市で募っていた東日本大震の遺児・孤児に支給する「震災孤児等支援金」が... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。