低脂肪食ダイエット vs. 低炭水化物ダイエット

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2012年08月02日 15:55

先週から始まったこの新コーナー「大西睦子の健康論文ピックアップ」。食やダイエットなど身近な健康テーマについて、科学論文に基づく最新情報を米国からお届けします。毎週木曜日に更新していきますのでご期待ください!

さて今回は、「本当に効果的なダイエット食とは?」という基本的なギモンに答えます。

巷ではバナナダイエットやりんごダイエットなど、「この食品(だけ)を食べていればやせる!」といったダイエットが流行っては消えていく中(要するに、うまくいかないんですね。続かなかったり、やせなかったり、やりすぎると健康を害して本末転倒になってしまったり。経験はありませんか?)、それなりの根拠があって定評があるのは、「油脂の摂取を減らす」「炭水化物の摂取を減らす」と言った手法でしょうか。しかしこれらが、それぞれどう違って、どう効果的なのかは、よく知られていません。どうやら、問題はカロリーだけではないようです・・・。

それでは大西医師からの情報をどうぞ!!

続きを読む>>

<<前の記事:イモバックスポリオの価格に関する注意喚起    第4回 ポリオ不活化ワクチン検討会 傍聴記:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3028

コメント

ダイエット・・・シェイプアップ・・・永遠の課題・・困った時の週刊誌のネタ!・・・しかし少し考えてみると先生のおっしゃる通り、三日坊主、リバウンドを繰り返してしまいます。やはり、肥満は生活習慣病なんですね。治療=生活習慣を変えて、それを習慣にしなければならないのですから大変な作業です。・・・みんな!がんばろう!

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。