未接種でも同様の症状

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月27日 00:00

HPVワクチン接種後の有害事象の問題で、26日にマスコミ各社が一斉に子宮頸がんワクチン全国調査 未接種でも症状 一定割合(NHK)報じた。


人によって思うところは違うと思うのだが、「ワクチン被害者」の多くが、「他に原因が考えられない」という消去法でワクチンに辿り着いていることを考えると、思春期の女性に同じような症状は昔からあったという話、知っていた人たち(主に医師)は、なぜきちんと世の中に発信しなかったのだろう、と思う。


福島県立大野病院事件の時も、胎盤を剥がさないと子宮の血は止まらないという「医師の常識」を誰も説明しないから、クーパーで傷をつけたから出血したというストーリーが出来て、あんなことになったのだった。


原因不明だけど、こういう人たちは昔からいる、それが世の中に知れ渡っていれば、ここまで時間を無駄にすることはなかったのでないか。


<<前の記事:VASCO    攻めてるのか嘗めてるのか:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3112

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。