歯科は深刻かも

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年01月04日 12:31

12月号で読者の皆さんから「歯科への不満」を募集した。


何故そんなものを募集したかと言えば、2015年9月号で「オーラル・フレイル」を採り上げ、それを機に歯科とか口腔とかのことに興味を持ってみると面白く、国民皆保険制度を救うピースは歯科にあるんじゃないかと思うようになったこと、一方で私が願うように歯科が機能するためには、国民の歯科に対する信頼感が不可欠なのだが、どうもその辺に不安があったことから、読者の皆さんの声を訊いてみたというところだ。


結果は、半分予想通り、半分ここまでヒドイとはとビックリだった。


「不満」を訊いたわけだから悪口が集まって来るのは当然なのだが、件数が11月号で動画の感想を募集した時の5倍にもなったのは、深刻だと思う。しかも、ほとんどの不満が「説明が不親切」「料金が不透明」に収斂した。


『ロハス・メディカル』のような存在は、歯科にこそ必要だったのでないか、実は。

<<前の記事:高野病院    バランスボール:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3121

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。