偽ハーボニー

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年01月17日 13:16

偽ハーボニーが発見されたというニュースには心底驚いた。


しかも発見のきっかけが、以前と色が異なることに気づいた患者からの問い合わせだったというから何重にもビックリだ。つまり患者に処方された後で分かったということになる。気づかなかったら、治癒率が100%に近い薬でも治らなかった気の毒な事例ということになってしまったのだろうか。


オプジーボが騒ぎになるまでは、高額薬剤と言えばハーボニーとソバルディだったわけで、この薬代には、間違いなく健康保険が使われているはずだ。さらに自己負担を上限までに抑える公的補助も行われている。


そのお金が、偽造薬つまり詐欺に払われちゃったということになる。国民皆保険制度の前提から引っくり返るような大事件だ。


さしあたって必要なことは、この調剤チェーンの実名公表だ。どこから仕入れたのか知らないが、それでなくても高価な薬で、正規品より大きな差益を取ろうと狙ったと邪推されても文句は言えまい。


遡って何カ月分かのハーボニーの薬剤費と調剤報酬の返還も当然求めるべきだろう。チェーンの倒産は免れないと思われる。覚悟を決めて入手先を明らかにするのが、せめてもの罪滅ぼしだ。


とにかくビックリした。ただし、このような問題は起きるべくして起きたとも言える。驚いているヒマがあったら何か対策を提言しないといけないのかもしれない。

<<前の記事:南と付けた    偽造薬の温床としての現金問屋(タイトル一部修正):次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3138

コメント

報道では奈良県本社で57店舗あるところだそうですね

mos様
コメントありがとうございます。その「報道」の原典を教えていただけましたら幸いです。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。