エピペン回収とAI記者

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年03月14日 00:00

PMDAメディナビというのに登録している。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が、医薬品の回収とかあるとメールで知らせてくれる。


で、数日に1回という結構な頻度で回収は行われているのだが、大抵は輸血用血液製剤で、素材がナマモノだからねえと思わされる。それが昨日、珍しく一般の医薬品であるところの「エピペン」が自主回収になったと流れて来たので、興味を持ってプレスリリースを眺めてみた。


ところが、

医薬品注入器が正常に作動しないおそれがあり、使⽤時に接種できない可能性
があるから回収すると書いてあって、はて、これは一体どういうことだろうと悩んでしまった。


そうこうしているうちに朝日新聞が報じて、ああ針が出なかったのか、とようやく納得がいったし、そりゃ大変だ、下手すると命に関わるぞとも思った。そんなに頻繁に使うような製品ではないので、針が出ないかもしれないと知らなければ、自分の使い方が悪いのかとパニックになってしまうかもしれない。なぜ、そう分かりやすくリリースに書かないのか、かなりナゾだ。


そう思って、各社の報道をググってみたら、産経新聞

正常に作動せず接種できなかった
と「タテのものをヨコに」しただけで配信していたので、鼻水が出てしまった。そんな仕事の仕方をしていると、AIに取って代わられちゃうよ、と思う。

<<前の記事:あら懐かしい    ワセダクロニクル黙殺される:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3199

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。